“美味しく”食べる

半年ほど前は、仕事上のストレスや金銭面に対する自分の甘さもあり、ランチはそれなりに値の張る、満足のいくお店で食べることが良くありました。

一番使っている時期で、一食1000円ほどのブッフェを週2回ほどのペースで行っていた。

ただ、やはり毎日そんな生活が続くと、気づけば月末近くになると手元資金の減りも早く

気付けば毎月少しづつ貯金、のはずが少しずつ減っていくことに築きます。

そんなわけで、しばらく前に、節約倹約をしよう!と思い、ほぼ毎日弁当を作って、

といってもごはんに簡単なモノを乗せるだけ乗せて、コンビニで150円くらいのサラダを買い足して食べるという生活をしていました。

金銭的には非常に安価に抑えられるので、お金もたまりやすいですが、

どうしても味気なくなりがち。

そして自分自身が、なんか味気ないなと感じる食事を毎日取っていると、

だんだん心も味気ないような、物足りないような、質素な感じがしてきます。

やはり食事はこころの豊かさにも影響してくるのだと実感します。

そこでやはりある程度は楽しみも大事と思い、外食にちょこちょこ行くようになったわけですが

やはり”楽しいことをする・美味しいものを食べる”

こと以上に

“楽しく”食べる、“美味しく”食べることが大事だなと

改めて感じます。

自分自身の心の豊かさに気を使って、しっかり養分を与えて、

イキイキした状態を作っていきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です