1回限りの「超早寝」ライフハック

「早起きを習慣にしたい」
とはよく言われています。
そしてその為にはまず「早寝が大事だ」といろいろな人が言います。
この早寝ができるのであれば、この後の内容は必要ないかも思いますが、
なかなか帰宅後もやることに追われて、気づいたらいつも通りの時間
・・なんて経験多くの人があるかと思います。
失敗する理由はこの「いつもより少し早く寝よう」という微妙な意識にあると思います。
「少し早く」では帰宅後に「早めに切り上げよう」と思うだけで、具体的な行動イメージはなく
時間を過ごすうちに簡単に忘れてしまいます。
だけど早寝を習慣化しようと考えず1イベントだと考えれば、はっきり行動を変えられます。
早寝というと「何かをしない、又は短縮化することによって」というイメージがあるが、
一つのイベントとして考えることで、自ずと優先順位を高く持てます。
「今日は特別に9時に超早寝してみよう」と翌日の体調が良くなるか試して
みるつもりでやったら楽しめるような気がします。
そして1度できたら、早寝の感覚を感じることができ、翌日からスムーズに
早寝できるかもしれません。
「急激な早起き」は、なかなか起きづらいものですが、
「急激な早寝」なら自分の理性が生きている状態で、早起きよりも格段に楽にできると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です