整理整頓をすると潜在意識がクリアになる?

washing-windows-394158_640.jpg
なんだか最近調子が出ない・・・
シャキッとせず頭の整理がうまくできていない・・・
と感じている時、どうすれば改善できるのか?
について役立ちそうなことを書きたいと思います。
いつも拝見しているブログCLOCKLIFEで、非常に胸にグサッとくる1フレーズがありました。
『小さな汚れでも、家中にはびこってしまえば、集中力や積極性が失われ、自己認識が低下し、思考や行動が滞っていく。』

本当にその通りだと思います。
今の自分に必要なことだとすぐに感じ取り、早速家じゅうの窓を開け放ち、
夏の生温かい空気で換気してから家の掃除を始めました。
自分なりの大掃除のコツは「この1時間だけは掃除以外のことは何も考えない」と時間を決め、気合を入れて一気に取りかかり勢いよく次々と片づけていくこと。
その心境の中で集中して動くことで、余計なことが頭から消えてリフレッシュになります。
■乱雑さは雪だるま式に大きくなる


たとえ小さな生活の乱れでも「まあいいや」とか「めんどくさいから後で」といった気持ちにが積み重なっていくと“あきらめ”癖がついてしまう。
自分でも気が付かないうちにそのあきらめ癖が定着してしまい、
その癖は次第にその人の歩き方や話し方、そこから発する雰囲気全体から「いい加減さ」がにじみでてきて相手に伝わってしまうものだと思います。
これは本当に怖いことです。
■乱れた行動が「運」を悪くする


ラックマネージメント主催の松永修岳氏は自身のHPでこのように書いています。
人間の『脳』は、『自分のいる環境』の情報を、五感を通じて”無意識に”受け取っています。
ということは、『自分のいる環境』が乱れていれば、
その情報を大量に受け取っている『脳』も混乱するということです。
というのも、たった0.006%しかない「意識」では、
「無意識(潜在意識)」の情報をコントロールすることはできないのです。
乱れた情報が、潜在意識に蓄積されると、思考も乱れ、心も乱れ、行動も乱れていきます。
すると、乱れた行動が『運の悪い』結果を招きます。
逆に、『環境』、すなわち、色、形、素材、音楽、光、香りなど・・・
具体的には、照明の種類や明暗、壁にかかっている絵画、窓から見える風景、広さ、大きさ、家具の配置、
質感、室内の香り、人や動物、植物等あらゆるものが重なり組み合わさった『空間』
この『環境』としての『空間』を自分の「脳にとって心地よいもの」にすれば、
思考も心も行動も良い方向に整い、
その結果、『運の良い』結果が生まれます。

■細かいことが大事


「神は細部に宿る」なんてことばもありますが、
日常生活や仕事上のちょっとしたことをおろそかにしないできっちりきっちり、そして淡々とこなしていくことが
成長を支える土台のような気がします。
今回は自分への自戒の気持ちを込めた内容ですが、
盆休み10連休という時間を有意義に使い切るためにも、
改めて意識していきたいものです。
今日もお読みいただきありがとうございました。

clickmes.jpg
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です