帰宅後ダラダラモードの克服には「5分ダッシュ」で良いスタートをきる

夜9時頃、帰りの電車の中でいつも考える
「今日は家に帰ってから????をして、△△して、風呂入って早めに寝よう」
いったい何度思ったことだろうか。
そしてどれだけダラダラ時間に侵食されてしまい、無駄な疲れを翌日に残したか。。
自分自身、何度も何度も経験しましたが、ある一つの簡単な習慣によって
面白がりながら簡単に変えていくきっかけとなりました。
この流れをカンタンに断ち切って、夜の時間を大切にする為のアイデアが「5分ダッシュ」。l_025.jpg
流れはカンタン
家に帰る前、電車の中や歩いているときに、evernoteなどに行動リストを箇条書きしておく
帰宅して家のドアを閉めた瞬間、玄関付近に置いたストップウォッチタイマーのボタンをポチ
この5分間だけは家の中を高速移動しつつタスク処理に集中
タスクのボリューム感はだいたいいつもこんな感じでどれもすぐ終わるものばかり
細かいタスクを短期集中でパッパと片づけようとすることで頭も昼間のように再回転します
・着替える
・顔を洗う
・コップにジュースを入れる
・植物に水やり
・少しストレッチする
・○○の仕事資料を机の上に開く
・ネットをつけてブログ書く準備だけする
5分後には、心地よい“テキパキ動いた感”が残り、ダラダラしたくなる気持ちが起きにくくなります
5分だけですが、「家に帰った直後」という気が抜けるタイミングでヤマを張ることで、
良いメリハリがついて時間の無駄遣い防止にもつながっています。
もちろん帰宅後に限らず、「会社出社時」も同様に使えます。
ちょっとしたメリハリ・アクセント・ヤマ・スパイスのようなものが、
当たり前の日常を新鮮なものにしてくれますね。

clickmes.jpg
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です